快眠する為にいびき防止のグッズを活用|自分に合うもので熟睡しよう

快眠する為にいびき防止のグッズを活用|自分に合うもので熟睡しよう

メンズ

老廃物を取り除く

足

冷えやむくみ、疲れに悩んでいる人に人気なのが足裏シートです。夜貼って寝るだけで翌日にはすっきりと目覚めることができます。肩こりやセルライトに悩んでいる人は直接肩や太ももなどに足裏シートを貼ることで症状を改善できます。

高反発のもので改善

婦人

慢性的に腰が痛いという方は、とても多いといわれています。腰痛改善の方法はたくさんありますが、腰痛に良いといわれる敷布団は人気があります。近年では、高反発のもが支持されているようです。低反発のものも人気です。

睡眠時の健康を保つために

眠る婦人

原因と要因を知る

いびきによって悩んでいる、悩まされている人は少なくありません。いびきは様々な要因よって引き起こされるため、その要因を知ることで防止することが出来ます。いびきは空気の通り道である上気道が何らかの要因により狭くなり、息を吸った際の空気抵抗が大きくなることで喉や鼻の粘膜が振動して起こります。この要因として真っ先に考えられるのが肥満です。肥満は上気道に脂肪がつき、その影響で上気道が狭くなりいびきが出ます。肥満によるいびきは睡眠時無呼吸症候群の最大の原因となります。防止策としてはダイエットをすることですが、睡眠時無呼吸症候群の場合、日中に極度の眠気に襲われたり、夜間の呼吸停止で心臓等に負担が掛かるなど、大きな事故や病気に繋がる可能性があるので、早めの受診が必要です。

すぐに出来る改善方法

いびきの要因は肥満以外にも口呼吸、寝る向き、部屋の湿度、飲酒などがあります。これらが要因の場合、すぐに防止できる方法がいくつかあります。防止方法の一つ目は仕事中、家に居る時などどの状況でも鼻呼吸を意識してください。鼻呼吸をすることで空気が通りやすくなり、いびきが改善されます。ガムなどを噛んで口から呼吸しにくくすることも効果的ですが、鼻呼吸をすると息がしにくいと感じた場合、何らかの疾患の可能性がありますので、病院に受診することが必要です。横向きで寝るのも防止法の一つです。横向きにすると舌の位置が偏り気道確保ができ、防止効果になります。また、寝る前の飲酒を控えたり、部屋の湿度を50パーセントから60パーセントにするのも鼻の炎症や筋肉の弛緩を抑えることができ、効果的です。いびきは原因と要因を知り、適切な対応を行うことで防止することが可能です。

対策費用の節約術

男性

いびき防止グッズの中でも特に人気のある鼻腔を広げるテープは、使い捨てタイプよりもずっと使えるタイプの方が経済的です。また、サイズが複数種類入っているものだと、自分の鼻の大きさに合うものを見つけやすいでしょう。