近年メディアでは株主優待が多く取り上げられています。人気の企業に投資して株主優待を獲得してみましょう。

  • ホーム
  • 日本と海外の株主優待の違いはあるの?

日本と海外の株主優待の違いはあるの?

日本と海外の株主優待には大きな差があります。
その背景には日本には独特の手土産や粗品を贈る文化、あるいは日頃お世話になった人へのお中元やお歳暮を贈る習慣があります。
特に企業間の取引でもこれらの習慣は歴史的に行われており加えて企業が個人のお客様にもこれらの習慣が行われることもありました。

株主という立場を考えて見ると、海外の企業は従業員も一部のジョンソンアンドジョンソンやGoogleのような優良企業を除いて一般的には株主利益のために貢献することを第一に考えられています。
海外では米国やヨーロッパなど株式会社のルーツとなった英国を含めて株主優待よりもそんなものを考えるなら株主配当金を増やすことを投資家は希望しています。
よって株主優待は制度としてほとんどありません。

わずかに米国ナスダックに上場しているスターバックスコーヒーが株主にコーヒー1杯分のチケットや日本円にして400円程度の商品券を株主に振る舞う程度が散見される程度です。
しかもこれも例外と言われています。
日本の場合は昔から前述した習慣と個人投資家に長期安定株主になってもらうことを目的に私鉄や食品会社が自社商品や電車の無料パスを配布したり自社商品を株主に送り届ける株主優待の習慣が広く散見されました。

これは配当金は企業の税引き後の利益にもかかわらずさらにそれを受領した投資家は配当所得として課税されるため二重課税と言われて改善が求められてきましたが近年NISAが導入されるに留まっています。
対して、株主優待にはそれを受け取った株主は金券であっても一切課税されないため、投資家に幅広く受け入れられた歴史的なプロセスがあります。
このような日本の投資家と海外の投資家の考え方や課税制度の違いから株主優待の考え方は全く違うものとなっています。

関連記事
人気記事一覧