近年メディアでは株主優待が多く取り上げられています。人気の企業に投資して株主優待を獲得してみましょう。

  • ホーム
  • 松田産業は少額の継続保有で大きな株主優待!

松田産業は少額の継続保有で大きな株主優待!

松田産業は、電子部品のスクラップから金、銀、プラチナなどの貴金属を回収する事業を行う会社です。
その他、産業廃棄物処理、食品の卸販売事業も手がけています。

この松田産業の株主優待制度ですが、100株を1年以上継続保有することで、2000円のクオカードがもらえます。
クオカードについては今さら説明するまでもない、株主優待の定番商品。
主要なコンビニなどで使える金券ですので、「もらっても使い道がない」という人は少ないでしょう。

この松田産業の株主優待、以前は「1年以上継続保有」という条件がなかったのですが、2017年3月決算から継続保有条件が追加されることになりました。
初回である2017年3月に関しては、2016年9月末、2017年3月末と2回連続で株主名簿に記載・記録されている株主に対しクオカードが贈呈されます。

松田産業の株価は2016年10月初旬の時点で約1400円ですので、100株を購入するのに必要な金額は約14万円。
比較的少額の部類に入るでしょう。
これで年間2000円の株主優待品がもらえるので、優待利回りは1.4%とまずまずの高率。
さらに配当の実績もよく、2016年10月時点での予想配当利回りは2.0%となっていますので、株主優待もセットで考えれば年利回りは3%を超え、継続保有する価値がありそうです。

なお、同社のサイトによると、毎年3月末と9月末時点の株主名簿を見て継続保有の有無を確認するようですが、9月末の時点で所有株数が単元(100株)以上である必要があるのかは不明です。
明確な記載がないので、9月末時点では1株でも持っていればOKというふうにも読めます。
もしそうであれば、3月末だけ100株以上を所有しておき、それ以外の時期は1株だけ売らずに残しておく、という手も使えることになり、資金を有効活用できます。
自己責任で試してみるのも手です。

関連記事
人気記事一覧